日々のこと

内向思考型retireの日記

貯蔵酒と寿司

書かれた言葉が好きだ

でも最近余り本を読まない

若い頃は何でも吸収する

どんな本でもガンガン読める

村上春樹、太宰治、江國香織

アメリカ文学.. 活字なら何でも

そういう勢いはもうない

言葉の消化力が落ちているのかも

昔の本を読む体力がない

去年は片っ端から読んでたけど..


今はチャットで軽くやり取りが丁度いい

今を生きているフレッシュな思考

その時に考えられた言葉

古典は貯蔵酒で今の言葉は寿司、みたいな

書かれた言葉にはその人がよく出る


断続的な睡眠をちょこちょこと

食事も睡眠も、自分のリズムでいい

もう2月も終わるなぁ

時間は方便だけど、

ちゃんと月日が過ぎると安心する

言葉の深さ

言葉のやり取りは面白い

それは深さに依るんだろう

表面的な事には興味がない

だから女子のお喋りはつまらない..w

本を読む人は言葉に深みがある

それは日常だけでは培えないもの


私はつくづく思考が全てだなぁ

深さは一人で考える時間と比例するのかな

思考は目に見えないけど、

全ての根源だと思う


クラシックを深く聴きたい

何故このメロディーは切ないのか

この音はどんな心情の表現か

そんなことを考えながら


雪が降っている

2月は立春と言いつつも冬だな

でも梅は咲いてるみたいだ

3月は春だよなぁ

世界は内側

今日は寒い 夜は雪かも?

2月いっぱいは冬なんだね..

油断してたな

永井均さんの本が面白い

でも池田晶子さんの方がシンプルで好きだ

存在・本質・現象・言葉

そんなことをずっと考えていたい


結局人生は自分を深く知る旅だ

人は一時的な登場人物に過ぎない

体があってもなくても、

私の意識は永遠に続く

永遠の、ほとんど一人旅に近い


夜中に起きてまた寝て昼寝して

そんな睡眠リズムになっている

今はそれが自然なんだろう

今日も布団で読書

私の世界は概ね内側にある

カタツムリ

今日は小春日和みたい

久しぶりに図書館に行く

冬はカタツムリだ

家と一体化している

スーパーも2ヵ月行っていない

配達と両親の差し入れで生きている

コープも検討しようかな

息子分の肉類はセブンだと高いから


好きな本は人それぞれ

でもそこに価値観が表れると思う

読書は作家の言葉に反応することだ

音楽も好みが分かれる

基本的にアクティブな人とは合わない

物静かでインドアで本好きならいい

つまり私の男版がいい

でも結構気まぐれだし

クールで一匹狼だから

似たタイプだとすぐ終わりそうだ

逆に癒し系の方がいいのかな


用事が全くない人生っていいな

学会行事も免許更新も

車検も手続きもない

つまり出掛けたくないってことで..

言葉と思考

ひたすら歩いている

大体30分100kcalを8本位

ストイックな感じが好き

冬は布団から出たくない

反動で春は動きたくなる

夜中に差し入れのアップルパイを食べた

から、チャラだけど..

でも歩くの楽しい

今日もひたすら歩く


どんな本を読むか

価値観や考え方の指標だと思う

私は哲友と本友が欲しい

何人かとやり取りをしている

本の話が面白い

一番言葉に興味があるから

何をしたかより、どう考えているか

世界中の生きた思考とやり取り出来たら

本当に面白いだろうな

思考は無限だ

将来技術的に実現しそうな気がする


言葉と思考

これに尽きる